化粧崩れしないファンデーションの使い方

リキッドやパウダーなどファンデーションは色々なメーカーで販売されており、色や効果はさまざまです。

ファンデーションを選ぶときの基準のひとつがカバー力ですが、どれだけファンデが優秀でも塗り方一つで効果は半減しますし、逆にカバー力が弱い物でも塗り方でそれなりの見た目を維持することが出来ますので、正しい方法で使ってください。

ファンデーション前の下地が結構重要な役割をしていて、この下準備を適当に行うとお化粧が崩れやすくなります。

外側に向かって薄く延ばす感じで仕上げ、ムラの無いようにします。

下地を塗り終えた後は、パウダーファンデーションの場合は最初に数箇所顔に乗せてから外側に向かって伸ばし、目元や口元は濃くすると崩れやすいので薄く延ばし、塗り終えたら必要に応じてルースパやブレストウダーなどをしてあげると良いでしょう。

皮膚呼吸が出来なくなるから使わずに化粧したいという人は、下地の後にルースパウダーやミネラルファンデーションを使うと良いです。

その場合は、最初に化粧水や乳液を使って丁寧にケアをしてあげると良いとおもいます。

ルースパウダーは軽めの付け心地なのでカバー力はあまり無いですが、BBクリームとあわせて使えば補うことができますし、最近はノンケミカルな人向けのファンデーションも販売しているので調べて使ってみてください。

朝塗れば夜まで化粧崩れしにくいと評判の化粧下時がシルキーカバーオイルブロックです。

利用者の口コミ評価も高い商品なので、商品選びに迷っているなら一度試してみてはいかがですか?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ