肌を痛めつける洗顔方法は逆効果です

あなたは毎日洗顔を行う際に、洗顔フォームを適切に使っているという自身はありますでしょうか。

洗顔フォームをゴシゴシ肌に擦り付ければ良いとお考えであれば、そのような洗顔方法は一刻も早く中断してください。

あなたも洗顔フォームを使っているのならご存知だと思いますが、洗顔フォームというものは使用する際には泡となってあなたの顔を優しく包み込みます。

そこで、洗顔フォームの成分を浸透させたいなどと考えるあまり泡を思いっきり顔に擦り付けてしまうと、顔を洗うどころか肌を細かく傷つけてしまう恐れがあるのです。

では、どうすればよいのかは簡単なことです。泡で顔を洗えば良いのです。

洗顔フォームを使っているのだから泡で洗っているではないかとお思いかと思いますが、手のひらを顔に擦り付けているようでは泡で洗っているとは言えません。

いつもより泡を多めに作り、泡だけが顔に触れるようにして洗顔を行ってみてください。

最初は手のひらと顔が触れずに洗顔をしているという実感を得にくいと思いますが、何回かこの方法を実践していく中で次第に手のひらを顔に押さえつけていた時よりも顔の汚れが落ちていることを実感することができます。

信じられないと思う方は、騙されたと思って試してみてください。

きっと良い結果を得られると思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ